行く面積
メーンメニュー 行く
本文 行く

ニュース NEWS

『Exosphere Endpoint Protection』 ラインアップを拡充 2020年1月20日(月)発売
2020-01-20
337
機密情報の社外への持ち出しを抑止
社内からの機密情報の漏えい対策を実現
『Exosphere Endpoin Protection』 ラインアップを拡充
2020年1月20日(月)発売
 
 
株式会社JSecurity(所在地:東京都港区、代表取締役 崎山 秀文)は、サイバー攻撃や個人的なミスによる機密情報の漏えいを効率的に防ぐDLP(Data Loss Prevention)を一元管理できるサービス 『Exosphere Endpoint Protection DLP』・『Exosphere Endpoint Protection PRO』を、2020年1月20日より発売開始します。

『Exosphere Endpoint Protection』シリーズは、「エンドポイントセキュリティはとても簡単」のコンセプトのもと、セキュリティ対策から情報漏えい対策まで、「All in ONE」で提供します。 クラウドの管理ページにて一括管理できる「完全クラウド」型であり運用も簡単です。また煩雑な、PCへのインストールも「ONE エージェント」のため導入展開も簡単です。 企業に求められるクライアントの状況をすばやく確認することや、ITに詳しくない方でも、簡単に導入展開・運用が可能です。
 
 
クラウドサービスの進化やテレワークなど、企業の運用方法の変化とともに、重要なデータへのアクセスが簡単な状態となり、様々な経路で社外へ流出する危険性を秘めています。
情報漏えいの原因として、サイバー攻撃による流出だけでなく、内部にて働く社員によるミスが多く、社員教育や定期的な監査などを通して意識を高めていくことが重要です。内部犯行による情報漏えいは、企業のあり方や管理体制など社会的責任を果たす必要に迫られます。
「Exosphere Endpoint Protection」シリーズは、パソコンから流出を防ぐデバイス制御や機密性の高いキーワードを登録し検出する機能、機密データの暗号化による保護など、アンチマルウェアだけでなく、情報漏えい対策や資産管理を、クラウドベースで管理できる総合セキュリティソリューションを提供します。
 

<主な特徴>
■セキュリティ対策から情報漏えい対策を一括で管理
エンドポイントやサーバの運用の複雑さを一切排除しました。
インストールなどのクライアントへの展開もとても簡単。
クライアント管理もクラウドの管理者ページにて一括管理できます。ITに詳しくない方でも、簡単に導入展開・運用可能です。

軽量な1つのエージェントで、エンドポイントに必要な全ての機能をインストールすることができ、煩雑なソフトウェアのライセンスなどIT資産の管理も簡単です。
 
 
■企業で機密性の高い資産 重要な機密データの外部への流出を防止
社員による不用意な情報漏えいを防ぐために、機密データを検出し、暗号化による保護ができます。
キーワード(機密・社外秘など)によるルール化を行うことで重要な機密データの流出を防止します。
 
 
 
■ファイルのコピーや移動時のデバイス・ネットワークを制御し、個人の不用意な流出を防止
ウイルス感染や情報漏えいの経路となるUSB・SD等のデバイスや無線LAN・テザリングなどのネットワークを制御することが出来ます。
外部メディアへのコピーや保存を禁止します。
 
 
 
■バックアップを搭載 機密データを保護し復元が可能
企業の大切なデータを守るためバックアップが可能です。
拡張子指定によるバックアップも可能ですので、重要な文書のみや開発資料をクラウドストレージにコピーできます。
バックアップ時の暗号化も可能です。

 
 
 
 
 
■製品名称と機能比較

※「Exosphere Endpoint Protection アンチマルウェア」・「Exosphere Endpoint Protection アンチマルウェア+」は、2019年9月に発売済みです。
 
 
 
■動作環境 (推奨設定)
 
 
 
 
■価格表
 
 

【お客様からのお問い合わせ先】
下記フォームよりお問い合わせください。
 

【メディアの方からのお問い合わせ先】
株式会社JSecurity 広報担当
E-mail :info@jsecurity.co.jp
 

次の投稿 前の投稿 目録