行く面積
メーンメニュー 行く
本文 行く

迷惑メール対策ソリューション SPAMSNIPER

スパム・ウイルス対策・誤送信対策を1台で! 迷惑メール対策ソリューション - SPAMSNIPERスパム・ウイルス対策・誤送信対策を1台で! 迷惑メール対策ソリューション - SPAMSNIPER

導入事例 製品カタログ よくあるご質問

スパムメール対策・ウイルスメール対策・メール誤送信対策を1台で!

SPAMSNIPERが選ばれる理由!

高いコストパフォーマンス

SPAMSNIPERは、入口対策としてスパムメールやウイルスメールなどの迷惑メールブロックや、受信メールのフィルタリングをリアルタイムで行うことができます。また、添付ファイルのzip暗号化、遅延送信、承認後送信などの誤送信防止機能によってメールによる情報漏洩防止対策(出口対策)を行えます。
SPAMSNIPERは、通常のアプライアンスのほか、仮想アプライアンスも用意していますので、オンプレミスとクラウドのどちらの利用形態にも対応できる統合メールセキュリティ製品です。

メール誤送信防止機能では、「添付ファイル暗号化」、「送信遅延(再確認要請)」、「添付ファイルリンク変換」、「上司承認」などの送信メール制御機能を組み合わせ、お客様の要望に合ったセキュリティポリシーを実現します。複数の条件を柔軟に適用することができますので、きめ細かな情報漏洩対策が可能です。
また、使いやすい管理機能により、メールトラフィック管理もできますので運用費用やリソースの節減も実現します。

  • マルチドメインに対応。 抜群のコストパフォーマンス
    • 1台につき、最大1000個までのドメイン管理が可能です。

      ドメイン管理者やグループ管理者を設定して、設定された権限に応じてSPAMSNIPERの設定や保存されたメールおよびログの管理を行うことができます。 また、システム全体・ドメイン・グループ・個人別に受信メールのフィルタリングを設定することもできます。 送信時にフィルタリングされたメールに対しては下記のような様々なアクションを指定することができます。

      [削除・隔離・一定期間保管・送信者への警告メッセージなど]

      アプライアンスモデルはユーザ数に制限がありません。 ユーザライセンス不要ですので、大幅にコストダウンが可能です。 メール流量に合わせて機種選定してください。

    ユーザ数制限なし!抜群のコストパフォーマンス(アプライアンスモデルのみ)

高性能

  • 業界最高レベルの高い検知率・低い誤検知率

    強力な"SMTP Prevention Engine"、"Anti-Virus Engine"、"Filtering Engine"と、24時間・365日更新を行うスパムパターンアップデートにより、高い迷惑メール検知率・低い誤検知率を実現します。

    アンチスパムエンジンは、CYRENのRPDエンジンとSPAMSNIPER独自のエンジンであるSSPEの2つのエンジンのほか、DOS防御、RBL、SPF、フィッシング遮断、DNS問い合わせ、RFC規格に準じたブロックなど様々なスパムメールブロック機能を組み合わせて多層防御します。

    CYREN社のアンチウイルスエンジンはGlobal View Cloudを用いることで新型の脅威を迅速に検出でき、世界190か国6億人以上のユーザのトランザクションを守っています。また、Virus Bulletin、West Coast Labs、ICSA Labs認証などのアンチウィルステストで常にトップ5の検出率を誇っています。

    SPAMSNIPERはチューニングしなくても96%以上の検知率を達成し、ほぼ0%の誤検知率を実現しております。特別なチューニング作業をほとんど必要としませんので管理・運用コストを下げることができます。

  • 優れた耐障害性

    SPAMSNIPERは、耐障害性に優れた独自OSを搭載しておりますので障害発生時でも処理中の電子メールを失うことはありません。 また、OSが起動しない場合にはメールを処理せずにスルーする回路を搭載しているので、万が一OSに障害が発生し正常に動作しない場合でもメールの通信を自動的にバイパスさせることで、電子メールを利用する業務を停止させることはありません。 (バイパス機能はブリッジモードだけで利用可能です)。

柔軟性・使いやすさ

  • 状況に応じて選べる設置形態

    SPAMSNIPERはブリッジモード、プロキシモードのいずれの設置形態にも対応しています。
    ブリッジモードを選択すればDNSサーバのMXレコードや周辺サーバの設定変更を行わず最小工数で導入いただけます。 また、プロキシー対応の製品をお使いの場合、可用性の高いプロキシーモードを選択すればリプレースするだけで従来の環境を変えることなくお使いいただけます。
    このようにお客様のご要望や環境に合わせて柔軟に設置することが可能です。

  • 使いやすい管理画面

    マニュアルをほとんど必要としない管理画面により簡単に設定変更を行うことができます。
    日常の迷惑メールはドメイン管理者、グループ管理者、各ユーザ毎に管理することができますので、管理者の負担を軽減することが可能です。

      • 統計管理
        • 全体統計:Inbound/Outbound別状況、正常/スパム/ウイルス/無
      • 害化状況、日/週/月別状況
        • 遮断統計:遮断フィルタ、ウイルス、拒否、IP状況
        • ユーザ統計:送信者、受信者、ドメイン、グループ別遮断状況
      • メール管理
        • 送受信メールをリアルタイム検索
        • 件名、送受信者、IP、フィルタなどの多様な条件検索
        • 正常/スパム/ウイルス/拒否メールをリアルタイム監視
        • 送信メールに対する規制管理
      • マルチドメイン設定管理
        • ドメイン別、詳細設定:メール設定、フィルタリング設定、ログインポリシー、認証ポリシーなど
      • フィルタ管理
        • すべての権限フィルタ管理:全体/ドメイン/グループ/個人フィルタのすべてが管理可能
        • 送受信メールのフィルタを個別制御
        • 遮断フィルタ、許可フィルタを個別管理
      • ユーザ管理
        • ユーザ追加/削除、グループ/ドメイン追加/削除
        • 個人/グループ/ドメイン別ポリシー設定が可能
      • 詳細バックアップ
        • 自動バックアップ:毎日のconfigファイル、DB、送受信メール
        • 保存:FTPサーバ、ストレージへの自動送信により長期保存
        • アラート:バックアップ結果を管理者に通知

製品形態

アプライアンス製品

  • アプライアンス製品はソフトウェア・ハードウェア一体型で、4モデルを用意しています。

    全製品、ユーザアカウント数は無制限です。メール流量により最適な機種を選択してください。ソフトウェアの機能に差異はなく、アプライアンスならではのコストメリットと信頼性があります。また、最上位機種の10000Aは、完全2重化モデルです。

    価格はオープンプライスです。

    アプライアンス製品 - SA1000, SA2000, SA5000, 10000A
    SA1000 SA2000 SA5000 10000A
    外観
    CPU Intel Celeron Dual Core 2.41GHz Intel i3-6100 2Core/4Threads 3.7GHz Intel i5-6600 4Core/4Threads 3.3GHz Intel Xeon Bronze3104 6Core/6Threads 1.7GHz
    メモリ 2GB 8GB 8GB 8GB x 2
    HDD 1TB 2TB 2TB x 2 (RAID1) SAS (RAID) ※1
    ネットワーク 10/100/1000 6Port 10/100/1000 8Port 10/100/1000 8Port 10/100/1000 4Port
    サイズ 1U Rack Size 1U Rack Size 1U Rack Size 1U Rack Size
    438W/225D/44H mm 438W/422D/44H mm 438W/422D/44H mm 438W/714D/44H mm
    重量 4 Kg 10 Kg 12 Kg 仕様により異なります。
    電圧 AC 90-264V AC 90-264V AC 90-264V
    消費電力 最大:60W 最大:250W 最大:250W
    動作環境 0-45℃/10-95%RH 0-40℃/5-95%RH 0-40℃/5-95%RH
    Non-condersing Non-condersing Non-condersing
    認証 CE,KCC,VCCI,RoHS CE,KCC,VCCI,RoHS CE,KCC,VCCI,RoHS FCC, ICES, CE, VCCI,BSMI, CCC, MIC

    1:ハードディスクの容量は変更可能です。SSDも選択できます。

    2:ハードウェアスペックは予告なく変更する場合があります。

仮想化 製品

  • SPAMSNIPER VA(Virtual Appliance)は、仮想化インフラに最適なメールセキュリティ環境を提供します。
  • OSやH/Wのインストールを不要とする仮想化システムとして、簡単に短時間のインストールが可能です。
    • SPAMSNIPER VAの追加インストールが容易です。
    • 他の仮想化インフラへの移行に便利です。
    • 他の仮想化アプリケーションとの統合運用として、管理費用、電力、空間の節約が可能になり、全体的な運用コストを低減できます。
    仮想化 製品 - VMware, Citrix, その他
    VMware Citrix その他
    ESX/ESXi 5.x, 6.x XenServer 5.5以上 その他、仮想化インフラについてご不明な点はお問い合わせください。
    VMware Server
    Vmware Workstation

ソフトウェア製品

  • ソフトウェア製品はユーザ数ベースでご提供させていただきます。 お客様にて、ハードウェアをご準備していただきます。
  • ユーザアカウント数に応じた価格体系になっております。 価格体系などの詳細についてはお問い合わせください。
    ハードウェアスペックはメールの流通量によって変動します。 適正なハードウェアをご用意ください。

    仕様は予告なく変更される場合があります。

    ソフトウェア製品 - 動作環境
    動作環境
    ハードウェア
    • CPU:Pentium4 2.8GHz 以上
    • RAM:2GB 以上
    • HDD:160GB
    対応OS
    • CentOS 6x 64bit
    • Redhat Enterprise 6x 64bit

メール無害化のSPAMSNIPER AG

メール無害化「SPAMSNIPER AG」は、すでに多数の導入実績のある統合メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER」の機能をベースとして、強化・拡張を行ったメール無害化ソリューションです。

総務省によるガイドラインでは、セキュリティ上マルウェアが侵入するリスクの高いメールの添付ファイルについては無害化を行い、ネットワーク内に持ち込ませない仕組みを構築することが重要であるとされています。 「SPAMSNIPER AG」は、実績のあるアンチウイルス、アンチスパム機能を引き継ぎ、メールフィルタリング機能を充実させ、インターネット経由で送られる添付メール・HTMLメールの遮断、添付ファイルの削除、さらにHTMLメールをテキスト化することによって電子メールを無害化いたします。 「SPAMSNIPER AG」はメールの無害化で、官公庁や地方自治体、企業でのより安全なメール環境の構築を実現します。 (総務省が提唱する自治体情報システム強靭性向上モデルに対応)。 国内総販売代理店 キヤノンマーケティングジャパン株式会社

メール無害化の重要性

いまだに被害が減ることのない電子メールを使った標的型攻撃はますます巧妙で悪質になっています。 添付ファイル付きメール、HTMLメールには、多くの危険性が潜んでいるといわれています。 ほとんどのウイルス感染は、知人や取引先を装い送られたメールの添付ファイルや、HTMLメールにひそませた悪意のあるコードによって引き起こされるといった傾向があります。 問題のあるメールを受け取ることで自分自身が危険なメールを拡散してしまう場合もあります。

標的型メール攻撃は、もはや「怪しげな添付ファイルを開かない」や、「PCにセキュリティソフトを入れる」などといった従来の対策だけでは防ぐことが大変難しくなっています。 そこで、新たな攻撃メールへの対策として注目されているのが、メール無害化対策です。 危険性のある「添付ファイルは受け取らない。 送らない」、メール無害化製品 SPAMSNIPER AGは、思い切ったワークスタイルの変換をお手伝いいたします。

電子メール無害化のしくみ

SPAMSNIPER AGのメール無害化の仕組みは以下の手順で行われます。
インターネット経由で送られた電子メールは、添付ファイルがある場合には削除、HTMLメールは強制的にテキスト形式に変換いたします。 悪意のあるコードや危険なサイトへのURLリンクを無効化いたしますので、受信者は無害化した安全なテキストメールのみを受け取ることができます。 SPAMSNIPER AGにより、意図せずウイルスが仕込まれたメールを受信しないようにしますので、ユーザーの感覚に左右されることのないセキュリティ対策が可能となります。

SPAMSNIPER AGにおいて無害化した場合の処理内容は送信者と受信者にメールでお知らせします。 その他、メールアーカイブ機能により原本メールの保存と復元ができますし、また、無害化したメールを転送することもできます。

SPAMSNIPER AGの主な機能

  • ファイル無害化機能 NEW Microsoft Office製品(Word、Excel、PowerPoint)に含まれるマクロとPDFに含まれるJavaScriptを除去し、不正コードが埋め込まれていない安全なファイルとして受信できます。
  • 添付メール・HTMLメール遮断 インターネット経由の添付ファイル付きメールやHTMLメールを強制的に遮断することで、未知のウイルスの侵入経路をふさぎます。 メールを遮断したときは送信者、受信者にお知らせします。
  • 添付ファイル削除 インターネット経由の添付ファイル付きメールから強制的に添付ファイルを削除することで、未知のウイルスの侵入経路をふさぎます。 添付ファイルを削除したときは送信者、受信者にお知らせします。
  • HTMLメールのテキスト化 インターネット経由のHTMLメールを強制的にテキスト化することで、悪意のあるマクロ実行やフィッシングのリスクがあるURLから防御します
  • 原本メールの保管 原本メール保管のために無害化されていないメールを指定のサーバに転送することができます。
  • アンチスパム・アンチウイルス インターネット経由のメールに潜むウイルスを駆除します。 大量に送られるスパムメールの遮断を行います。

SPAMSNIPER AGを選ぶ理由

高いコストパフォーマンス

  • メール無害化、迷惑メール対策とメール誤送信対策を1台で!

    SPAMSNIPER AGは、スパムメールやウイルスメールなどの迷惑メールのブロックのほか、添付ファイルやメール本文内のリンクなどのマルウェアが侵入する経路を無害化処理することによって、安全にメールを受信できるようにします。 また、添付ファイルのzip暗号化、遅延送信、承認後送信などの誤送信防止機能によってメールによる情報漏洩防止対策を行えます。

    SPAMSNIPER AGは、通常のアプライアンスのほか、仮想アプライアンスも用意していますので、オンプレミスとクラウドのどちらの利用形態にも対応できるメール無害化製品です。

  • マルチドメインに対応。 抜群のコストパフォーマンス

    1台につき、最大1000個までのドメイン管理が可能です。
    ドメイン管理者やグループ管理者を設定して、設定された権限に応じてSPAMSNIPER AGの設定や保存されたメールおよびログの管理を行うことができます。 システム全体・ドメイン・グループ・個人別に受信メールのフィルタリングを設定することができます。

    送信時にフィルタリングされたメールに対しては下記のような様々なアクションを指定することができます。 (削除・隔離・一定期間保管・送信者への警告メッセージなど)

    アプライアンスモデルはユーザ数に制限がありません。 ユーザライセンス不要ですので、大幅にコストダウンが可能です。 メール流量に合わせて機種選定してください。

    ユーザ数制限なし!抜群のコストパフォーマンス(アプライアンスモデルのみ)

高性能

  • 業界最高レベルの高い検知率・低い誤検知率

    強力な「SMTP Prevention Engine」、「Anti-Virus Engine」、「Filtering Engine」と、24時間・365日更新を行うスパムパターンアップデートにより、高い迷惑メール検知率・低い誤検知率を実現します。

    アンチスパムエンジンは、CYRENのRPDエンジンとSPAMSNIPER AG独自のエンジンであるSSPEの2つのエンジンのほか、DOS防御、RBL、SPF、フィッシング遮断、DNS問い合わせ、RFC規格に準じたブロックなど様々な迷惑メール防止機能を組み合わせて多層防御します。

    CYREN社のアンチマルウェアエンジンはGlobal View Cloudを用いることで新型の脅威を迅速に検出でき、世界190か国6億人以上のユーザのトランザクションを守っています。 また、Virus Bulletin、West Coast Labs、ICSA Labs認証などのアンチウイルステストで常にトップ5のマルウェア検出率を誇っています。

    SPAMSNIPER AGはチューニングしなくても96%以上の検知率を達成し、ほぼ0%の誤検知率を実現しております。 特別なチューニング作業をほとんど必要としませんので管理・運用コストを下げることができます。

  • 優れた耐障害性

    SPAMSNIPER AGは、耐障害性に優れた独自OSを搭載しておりますので障害発生時でも処理中の電子メールを失うことはありません。 また、OSが起動しない場合にはメールを処理せずにスルーする回路を搭載しているので、万が一OSに障害が発生し正常に動作しない場合でもメールの通信を自動的にバイパスさせることで、電子メールを利用する業務を停止させることはありません。 (バイパス機能はブリッジモードだけで利用可能です)。

柔軟性・使いやすさ

  • 状況に応じて選べる設置形態

    SPAMSNIPER AGはブリッジモード、プロキシモードのいずれの設置形態にも対応しています。 ブリッジモードを選択すればDNSサーバのMXレコードや周辺サーバの設定変更を行わず最小工数で導入いただけます。 また、プロキシー対応の製品をお使いの場合、可用性の高いプロキシーモードを選択すればリプレースするだけで従来の環境を変えることなくお使いいただけます。

    このようにお客様のご要望や環境に合わせて柔軟に設置することが可能です。

    ブリッジモード、プロキシモード 2つの設置形態に対応
  • 使いやすい管理画面

    マニュアルをほとんど必要としない管理画面により簡単に設定変更を行うことができます。
    日常の迷惑メールはドメイン管理者、グループ管理者、各ユーザ毎に管理することができますので、管理者の負担を軽減することが可能です。

      • 統計管理
        • 全体統計:Inbound/Outbound別状況、正常/スパム/ウイルス/無
      • 害化状況、日/週/月別状況
        • 遮断統計:遮断フィルタ、ウイルス、拒否、IP状況
        • ユーザ統計:送信者、受信者、ドメイン、グループ別遮断状況
      • メール管理
        • 送受信メールをリアルタイム検索
        • 件名、送受信者、IP、フィルタ、無害化メールなどの多様な条件検索
        • 正常/スパム/ウイルス/拒否メールをリアルタイム監視
        • 送信メールに対する規制管理
      • マルチドメイン設定管理
        • ドメイン別、詳細設定:認証ポリシー、無害化添付ファイル内容抽出など
      • フィルタ管理
        • すべての権限フィルタ管理:全体/ドメイン/グループ/個人フィルタのすべてが管理可能
        • 送受信メールのフィルタを個別制御
        • 遮断フィルタ、許可フィルタを個別管理
      • ユーザ管理
        • ユーザ追加/削除、グループ/ドメイン追加/削除
        • 個人/グループ/ドメイン別ポリシー設定が可能
      • 詳細バックアップ
        • 自動バックアップ:毎日のconfigファイル、DB、送受信メール
        • 保存:FTPサーバ、ストレージへの自動送信により長期保存
        • アラート:バックアップ結果を管理者に通知

SPAMSNIPER AGの動作説明動画(YouTube)

クラウドやIoTの利用が広がる一方で、セキュリティの脅威が多様化、複雑化する現在。 製品やサービスの選定時に機能面での比較検討に加え、ユーザーをセキュリティの脅威から守れるかどうかが重要なポイントとなってきており、製品やサービスを提供する側にも十分なセキュリティ対策が求められるようになってきています。

製品形態

アプライアンス製品

  • アプライアンス製品はソフトウェア・ハードウェア一体型で、4モデルを用意しています。

    全製品、ユーザアカウント数は無制限です。 メール流量により最適な機種を選択してください。 ソフトウェアの機能に差異はなく、アプライアンスならではのコストメリットと信頼性があります。 また、最上位機種の10000Aは、完全2重化モデルです。 ※価格はオープンプライスです。

    アプライアンス製品 - AG SA1000, AG2000, AG5000, AG10000
    AG SA1000 AG2000 AG5000 AG10000
    Appliance
    CPU Intel Atom D425
    Single core
    Intel Core i3-3220
    Dual Core
    Intel Core i5-2400
    Quad Core
    Intel Quad-Core
    E5505
    1.8GHZ 3.3GHz Cache 3M 3.1GHz Cache 6M Xeon 2GHz x 2
    Chipset Intel ICH8M Intel H61 Intel H61 Intel C610
    BIOS EVOC BIOS AMI BIOS AMI BIOS Award BIOS
    Memory DDR3 2GB 667MHz DDR3 8GB DDR3 8GB DDR4 8GB
    Net Weight 4.1kg 5kg 5kg 26kg
    Network 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000 10/ 100/ 1000
    Gigabit 6Port Gigabit 6Port Gigabit 6Port Gigabit 6Port
    (1 Pair By-pass) (2 Pair By-pass) (2 Pair By-pass) (1 Pair By-pass)
  • 仮想化 製品
    • SPAMSNIPER AGは、仮想化インフラに最適なメールセキュリティ環境を提供します。
    • OSやH/Wのインストールを不要とする仮想化システムとして、簡単に短時間のインストールが可能です。
      • SPAMSNIPER AGの追加インストールが容易です。
      • 他の仮想化インフラへの移行に便利です。
      • 他の仮想化アプリケーションとの統合運用として、管理費用、電力、空間の節約が可能になり、全体的な運用コストを低減できます。
      仮想化 製品 - VMware, Citrix, その他
      VMware Citrix その他
      ESX/ESXi 5.x, 6.x XenServer 5.5以上 その他、仮想化インフラについてご不明な点はお問い合わせください。
      VMware Server
      Vmware Workstation
  • ソフトウェア 製品
    • ソフトウェア製品はユーザ数ベースでご提供させていただきます。 お客様にて、ハードウェアをご準備していただきます。
    • ユーザアカウント数に応じた価格体系になっております。 価格体系などの詳細についてはお問い合わせください。
      ハードウェアスペックはメールの流通量によって変動します。 適正なハードウェアをご用意ください。

      仕様は予告なく変更される場合があります。

      ソフトウェア製品 - 動作環境
      動作環境
      ハードウェア
      • CPU:Pentium4 2.8GHz 以上
      • RAM:2GB 以上
      • HDD:160GB
      対応OS
      • CentOS 6x 64bit
      • Redhat Enterprise 6x 64bit

よくあるご質問

ドメインに複数個のメールサーバが存在します。 対応できますか?

SPAMSNIPERでは1個のドメインに最大5個のSMTP(メール)サーバを設定することができます。 また、複数個のメールサーバに優先度を付加することにより、メールサーバの負荷を軽減することが可能です。

メールの隔離状況で、隔離する日数を制御することができますか?

SPAMSNIPERでは正常/スパム/ウィルス/拒否のログとメールコピーを保存する日数を管理者が設定することができます。 また、統計データの保存日数も設定することができます。

警告メールにはどのような種類がありますか?

メールキュー滞留個数警告メール、一斉メール発信警告メール、SPAMSNIPERで使用しているDBの運用警告メール、ハードディスクの使用閾値警告メール等があります。

ユーザ数が多いのですが、一括登録できますか?

ユーザの一括登録はCSVファイルを作成して可能です。 他にドメインの一括登録機能も提供しています。

高可用性のため、冗長構成を設定することができますか?

可能です。 冗長化手法もMaster/Slave形式・レプリケーション形式・VirtualIPのよる形式・ボンディング・などを用意しております。

運用モード(統計・タグ・遮断)を個人ユーザが変更することができますか?

SPAMSNIPERは運用モードの設定をシステム全体/ドメイン/個人で設定することができます。 当然上位の運用モードにより、固定することも可能です。 ですので、運用方法にもよりますが個人ユーザが運用モードを変更することが可能ですし、逆に個人ユーザからの変更を禁止することもできます。

管理者権限はどのようになっていますか?

・システム全体管理者(スーパー管理者):システム全体の状況を設定し、管理することができます。
・ドメイン管理者:ドメインごとで設定される管理者であり、自分の担当ドメインだけの情報を設定することができます。
・グループ管理者:グループごとに管理するための管理者です。

ユーザ画面のカスタマイズはできますか?

システム管理者によりユーザ画面に表示するメニュー、項目を設定することができます。