行く面積
メーンメニュー 行く
本文 行く

ブログ BLOG

動画 【Phobos Ransomware (.id[{Random}-2930].[Ransomwaree2020@cock.li].eking) 攻撃映像】
2024-03-25
404

 

・配布方式:リモートデスクトッププロトコル(Remote Desktop Protocol, RDP)及びターミナルサービスによるリモート接続

・MD5 : 2c87d8318be3f8096445e2b2045a0bb6

・検知名 : Win32:Phobos-D [Ransom] (Avast), Gen:Variant.Ransom.Phobos.62 (BitDefender)

・ファイル暗号化パターン : .id[-2930].[Ransomwaree2020@cock.li].eking

・悪性ファイル生成場所

- C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\.exe
- C:\Users\%UserName%\AppData\Local\.exe
- C:\Users\%UserName%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\.exe
- C:\Users\%UserName%\Desktop\info.hta
- C:\Users\%UserName%\Desktop\info.txt
- C:\Users\Public\Desktop\info.hta
- C:\Users\Public\Desktop\info.txt
- <ドライブ文字>:\info.hta
- <ドライブ文字>:\info.txt

・決済案内ファイル : info.hta / info.txt

・主な特徴
- オフライン暗号化(Offline Encryption)
- CrySis / Troldeshランサムウェア系
- Windowsファイアウォール無力化(netsh advfirewall set currentprofile state off, netsh firewall set opmode mode=disable)
- 特定プロセス(isqlplussvc.exe, oracle.exe, sqlagent.exe, sqlbrowser.exe, sqlservr.exe, sqlwriter.exeなど)実行遮断
- システム復元無力化(vssadmin delete shadows /all /quiet, wmic shadowcopy delete, bcdedit /set {default} bootstatuspolicy ignoreallfailures, bcdedit /set {default} recoveryenabled no, wbadmin delete catalog -quiet)

 
  このようなランサムウェア攻撃に備える商品はこちら
 

次の投稿 前の投稿 リスト